「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

Wechatの公式アカウントアプリ「微貼(weitie)」

wechat-logo
中国で最も使われている、wechat。
中国はこのアプリ無しでは語れない。単なる連絡手段としてではなく、情報共有やブログ、ネットショッピング、クーポン、支払い機能、予約機能、口コミ投稿など、実にさまざまな機能を持ったアプリです。

当社でもWechat公式アカウントを運営しています。
wechat-banner
今回は番外編として、Wechatで使える公式アプリの紹介をしてみますね。

Wechat(微信)の機能

中国ではスマホ一つあれば1日を過ごせると言われているくらい、アプリやネットを使うのは当たり前です。
Wechatは銀行口座と連携し、支払い時に引き落とすだけではなく

友達の口座への送金のやりとり
投資信託の購入
割り勘仕様の支払い
公共料金の支払い
住居する都市のサービス
募金や寄付
お年玉機能

など支払い機能だけでもたくさんあり、特に驚いたのが住居する都市のサービスに

「公共積立金検索」
「大学入閣試験の通知書検索」
「交通違反検索」「ガソリンチャージカード」
「地方税支払い」

なども見かけることが出来、いかに普段の生活にアプリが浸透しているか分かります。

日本だとなかなか、公共のものにここまでアプリを活用するとなるとかなり時間を要すると思います。
中国はアプリに対して非常に寛容なので、便利なアプリが積極的に使用され、開発されています。セキュリティに問題はないのか??という声が出てきそうですが、

確かに中国ではネットを使用しているとアカウントの乗っ取りなどよくあります。(実際に私もQQアカウントなど3回ほど乗っ取られたことがあります・・)

だからこそ、中国のネットセキュリティはかなり厳しく、
複数サイトでパスワードがかぶっていたら警告が出たり、アプリをダウンロードする時に一緒にセキュリティソフトもダウンロードされたり、携帯電話やUSBの連動認証などが徹底的にされていて、関心してしまいます。

そのような環境で、Wechatも独自の進化を遂げてきたわけですが、今回取り上げるのは「Weitie(微貼)」という公式アカウントアプリです。

Weitie(微貼)の機能

まず、微貼とはWechatの公式アカウントです。
まずWechatアプリをお持ちの方はWechatのQRコードスキャンでこちらをスキャンすると公式アプリが追加されます。

img_8716
2a2ed409

まずWeitieが何かを簡潔にいうと、いわゆる「まとめアプリ」です。
日本でもよく、VAVERまとめなどキュレーションサイトまとめがありますが、それに非常に近いものです。

個人アカウントから公式アカウントのようなおしゃれなページを制作できます。作り方も非常に簡単で、PCがなくてもスマホ上の操作のみで大丈夫なのです。

微貼をダウンロードして公式アカウント内に入るとこのような画面が表示されます。
img_7726

1-普通(普通タイプ)、2-大图款(写真大きめタイプ)、3-卡片款(カードタイプ)、4-画报款(画報タイプ)

img_7730
img_7731
img_7732
img_7733

残念ながらこのアプリは、中国語と英語にしか対応していませんので、
なかなか日本人が使うにはハードルが高いかもしれません。

しかし、写真と文章を入力するだけでおしゃれなページを製作できるため、入力パターンさえ覚えてしまえば制作自体は簡単です。

まとめページ制作手順

①創建微貼(WEITIEをつくる)
%e5%9b%b34
图和文字・・・写真と文字
只发图片・・・写真だけ

②请发微贴的○○(WEITIEに○○を入力)
%e5%9b%b32-1
请发微贴名称或回复”1”-跳过>> 名称を入力します。不要であれば1を送信するとこの項目をスキップ出来ます。

请发第1栏的图片或回复”1”-跳过>> 第1欄目に入れたい写真を送信します。不要であれば1を送信するとこの項目をスキップ出来ます。

请发第1栏的文字或回复”1”-跳过>> 第1欄目に入れたい文章を送信します。不要であれば1を送信するとこの項目をスキップ出来ます。

请发第2栏的图片或回复”1”-跳过 或回复”2”-微贴完成>> 第2欄目に入れたい写真を送信します。不要であれば1を送信するとこの項目をスキップ出来ます。または、2を送信するとWEITIEが完成します。

写真と文字を送信する作業を繰り返し、
完成したら「或回复”2”-微贴完成」が表示されたときに2を送信するとまとめページが完成します。

③ページ完成!
%e5%9b%b33-1

ページが完成したら、
そのまとめページはチャットで友達に送信したり、タイムラインに載せたり、メールで送信したり、Facebookで共有出来たりします。

ネット大国中国では、実にさまざまなアプリがリリースされています。
正直、日本よりもすすんでいるものや、日本にはない面白い発想のものも多いです。

中国インバウンドに興味とある方はおもてなし関西プロジェクトへお気軽にお問い合わせ下さい。
お問合せフォームはこちら

関連記事

  1. 中国上海にて有名ジャーナリスト中島恵さんと対談

  2. 中国団体ツアーの闇とは

  3. 上海にある展示会場のご紹介

  4. 中国人富裕層アテンド~大阪&奈良編~その2

  5. 中国人旅行客は訪日前に何をしているのか

  6. Wechat公式アカウント記事:日本の美容を体験したことはありますか?

  7. Wechat公式アカウント記事:なぜ神戸牛は美味しいのか?神戸牛の魅力

  8. 中国上海で無料説明会を行ないました。

  9. 中国人富裕層アテンド~関東編~その3

インバウンド人気記事

中国現地の魅力を写真で紹介!

JHKの最新更新情報をお知らせ!

中国語で関西の魅力を動画で紹介

PAGE TOP