「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

影響力の高いWeb公式アカウント

Web広告

中国では現在、インターネットサイトやモバイルソーシャルメディアから旅行情報をするのが主流となっています。中国のソーシャルメディアの使用現状としては以下の通りです。
①情報を得る手段の多角化
②プラットフォームの多角化
③情報を閲覧する時間帯がバラバラ
メディアの一番の問題は、一定のユーザーを獲得するまでに、かなりの時間と手間を要します。
もちろん一から自分のアカウントを作って運用するのも一つの手ですが、やはり情報は発信する先がなければ意味がありません。ユーザー数をある程度持ったメディアを利用することで、情報発信のスピードを上げることが出来ます。

日本流行毎日速報_pagelogo.fw

“日本流行毎日速報”
中国人フォロワー数130万人を超える公式アカウントです。
ウェイボーとウィーチャットどちらにもアカウントを持ち、日本のニュースを翻訳して載せていたり、商品の紹介などをしています。
ほぼリアルタイムで日本の情報を流しています。どのようなコメントを中国人が書き込んだのか、どれだけシェアされたかなどの反応が分かりやすく、拡散力・拡散スピードはもちろん、「日本に友好的・興味のある」層へ確実に届けることが出来ます。更新頻度がかなり高いため、フォロワーも高頻度で記事を見ていると言えます。
日本情報を発信する公式アカウントはたくさんありますが、特にウェイボー上においては日本紹介分野でSNSメディアNo.1のユーザー数を持っています。
媒体概要
ユーザー:200万人
男女比率:1:3
年齢層:20~38歳
言語:中国語
閲覧:1日あたり450万
リツイート:1日あたり5000回
コメント:1日あたり2000件
コンテンツ
女性比率が高めなので、女性を主なターゲットとして日本の流行、ロハス、衣食住、遊び、アクティビティなど
その他アカウント
去日本吃什么
去日本住哪儿
去日本买买买

Whenever微帆_logo
“Whenever微帆”
中国上海での雑誌媒体が主なメディアですが、月一回の発刊以外にウィーチャットの公式アカウントも運用しています。特に日系企業で働く中国人にフォーカスしており、上海にある日系企業8000社のうち2500社が上海日本商工クラブに加盟しています。日本語を勉強している中国人や日本滞在経験のある中国人は多く、これらの中国人は日本旅行に関心があり、日本の商品やサービス、食品を実際に購入しています。
日系企業で働く中国人は近年個人旅行や会社の団体旅行で日本へ行くことが増加傾向にあります。
特に上海ならびにその近辺の中国人は個人旅行を好む収入が比較的高い層が多いです。
媒体概要
ユーザー:フォロワー数約20000人前後
読者層:日本に興味を持つ比較的所得の高い中国人
・日系企業で働いている或いは日系企業とビジネスを行なっている中国人…約20万人
・日本語を勉強している中国人…約10万人
・日本滞在経験のある中国人…約30万人
合計約60万人の中国人がターゲットとなります。
コンテンツ
最新情報の紹介:日本のファッション、美容、文化、スポーツ、音楽、映画、芸能、商品、食品、旅行、就職、語学、ショッピング、レストラン、ブライダルなどの
日中交流:日系企業で活躍する中国人の紹介、中国で活躍する日系企業の紹介、日本関連文化イベント、サークルの紹介など

おもてなし関西サービスメニュー

関連サービス記事

PAGE TOP