「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

第五回インバウンドセミナーを実施致しました。

以前から告知しておりました、第5回目となるインバウンドセミナーを開催させていただきました。

インバウンドセミナー開催!

seminer05_inbound01
月に一度、定期的に開催させていただいているインバウンドセミナーも第5回目となりました。
何度も参加いただいている方もいて、誠にありがとうございます。

2016年最後のセミナーということで、2016年に取り組んできたこと、そして2017年に向けて展開していくインバウンドの新しい取り組みをメインにお話させていただきました。

1.おもてなし関西プロジェクト

seminer05_inbound03
seminer05_inbound06

おもてなし関西プロジェクトの担当者、飯田より2016年の実績と2017年に向けての新サービスへの取り組みのご紹介です。

2016年5月から行なわれてきた「神戸タウンクルーズ」を始め、ハローアジアや、台湾向けフリーペーパーなどの海外現地メディアに関すること、上海現地で始める新事業、神戸初(というか日本初)のネットワークを活かしたインバウンド新規事業についてお話しさせていただきました。

おもてなし関西プロジェクトは主に中国上海を軸としてインバウンドに取り組んでいますが、だんだんと台湾や東南アジアにも進出してきている、ということです。アジア諸国はこれからどんどん伸びていくマーケットですので、今後に対する期待は非常に大きいと考えています。

2.Ichiban KOBEより

seminer05_inbound08
seminer05_inbound15

そして「神戸タウンクルーズ」の時にも公式案内マップとして配布しているIchiban KOBEの第2号が今月23日に発刊されます。
海外生活が長く、非常に海外に精通しているIchiban KOBEの編集長村山さんより、入稿前のIchiban KOBE第2号の記事を見ながら、外国人の取材時に分かったことや気づいたこと、実際にいただいた感想などをご紹介いただきました。

とにかく神戸の情報が少ない

関西のガイドブックの表紙を見てみると、そのほとんどが大阪京都の情報で、そこにほんの少しだけ「神戸・姫路」が一緒くたになって載せられていることがほとんどです。
数年前までは、京都も大阪も神戸も同じくらいの情報量が載っているガイドブックがほとんどだったそうですが、現在は神戸・姫路の情報はかなり紹介量が減ってしまったようです。

外国人が望んでいるのは現地の人と変わらない接客

Ichiban KOBEはインバウンド専門フリーペーパーであるため、たまに外国人のお客様や、外国人が訪れたお店から問い合わせがあるそうですが、外国人のお客様に「あまり歓迎されてないのかな?」と良く聞かれるそうです。

外国人だからと言って構えてしまうと、どうしてもその気持ちは相手に伝わってしまいます。
英語が話せることよりも、日本人のお客様とあまり変わらない態度で接することが、満足度や充実度を上げることになるそうです。

インバウンドで結果を出したお店がある

インバウンドの取り組みはお店や企業によって様々ですが、インバウンドでプラス80%の売り上げを上げることが出来ているお店もあるそうです。しかも!従来の売り上げ100%にプラス80%外国人観光客による売り上げとなっているそうですよ。

外貨両替機のお話

seminer05_inbound17
seminer05_inbound24

同じインバウンドに取り組むものとして、是非紹介したいということで、外貨両替機のお話もございました。
日本は自販機大国ですが、実は外貨の自動両替機があるのです。
銀行よりも安い手数料で外貨を日本円に換えることが出来るみたいです。手数料はオーナーが決定することが出来るため、ジュースなどの自動販売機と同じような収益システムもあるそうですよ。
ご興味がありましたらおもてなし関西プロジェクトのお問合せフォームよりご連絡いただきますとお繋ぎ致します^^
お問合せフォームはこちら

インバウンドの本当の意味

183265747b7de91b1fb849eece0c9f67_s
最近では外国人観光客が日本へ来ることをインバウンドと言うことが多いですが、本来インバウンドとは「外から中へ入って来る」という意味の単語です。
例えば神戸でインバウンド、と言えば外国人の他に神戸以外の地域の人が神戸へやってくること。それもインバウンドだと言えますね。

「インバウンドは取り組まなくても大丈夫。」

いえいえ!!
日本はすでに少子高齢化で人口減少の道に入っており、ターゲット顧客層を広げることはこれから必須になっていきます。

その対象が外国人なのか、別の地域の日本人なのかは別として、やはり外での集客は必ず必要になっていくと思っています。

私たちはそんなインバウンドに取り組む者同士で有益な情報交換をしていけたらと考え、インバウンドセミナーを続けております。インバウンドは一人ではなく協力して取り組むことで結果が出やすくなると考えています。
なのでセミナーの後は参加者懇親会も開催しておりまして、それぞれ参加者同士で名刺交換や情報交換などをしていただいています。

来年以降もセミナーは開催予定ですので、是非ご参加くださいね。

インバウンドに関することはこちら
おもてなし関西プロジェクト

関連記事

  1. インバウンド関連記事ご紹介:団体様には頼れない(インバウンド関西)

  2. インバウンド経済効果のリアルな数字(グルメ編)

  3. 中国人富裕層アテンド~大阪&奈良編~その3

  4. ネットショッピングが中国で主流になった理由

  5. 第四回インバウンドセミナー実施

  6. 京都と大阪をめぐる戦国史ツアーを決行

  7. Wechat公式アカウント記事:なぜ神戸牛は美味しいのか?神戸牛の魅力

  8. インバウンド関連記事ご紹介:外国人が考える日本の医療費問題

  9. インバウンド関連記事ご紹介:「中国客を陥れる日本のブラック免税店」の隠れた舞台裏

インバウンド人気記事

中国現地の魅力を写真で紹介!

JHKの最新更新情報をお知らせ!

中国語で関西の魅力を動画で紹介

PAGE TOP