「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

中国大手SNS「Wechat」

Wechat(中国語で微信:ウェイシン)とは?

中国大手IT企業テンセントが作った、中国で大人気の無料インスタントメッセンジャーアプリ。
2011年1月に誕生して以来、利用ユーザーは急増し、現在は7億人を突破しています。
月間のアクティブユーザー数は5億人を超え、2016年の春節時にはWechatペイメント登録をしているユーザーも4億人以上突破しました。
さらに2013年から、Wechatは世界展開を見せており、いまや200か国以上で展開し、言語は20種類以上に対応、公式アカウント数に関しては800万以上登録されています。

Wechatは中国版LINEと呼ばれることが多く、内容も似ているところがあります。
しかしLINEの無料チャット機能やFacebookのタイムライン機能など、SNSサービスのいいところを混ぜ合わせ、さらに独自の機能を加えたアプリになっていて、現在、Wechatは中国の街では見ない日はないというほどに浸透しています。
街中の屋外広告、駅構内、商業施設、店内のPOP、会計時のレジ脇、いたるところにWechatの「QRコード」が使用されており、中国の消費者の生活にとっては欠かせない、まさに日常生活に必要不可欠な身近な物となっています。

主な機能
・無料チャットサービス(グループチャットも可)
・ネット通話
・タイムライン機能(モーメンツ)
・ウォレット機能(Wechatペイメント)
・ゲーム機能
・クーポン機能
・ネットショップ機能(微店)
・位置情報共有機能
・ユーザー同士の送金
・お年玉機能

ユーザー:学生や20代などの若者が多い
自分の投稿は友達登録している人しか見る事の出来ません。仲の良い人同士での内輪でのクローズドな情報共有がメインとなります。
なので、情報の広がりは遅いですが、信頼ある間柄でのやりとりになるので、信頼性のある情報としてじわじわと浸透していきます。

Wechat(微信)のサービスの詳細はこちら

関連サービス記事

PAGE TOP