「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

中国人富裕層アテンド~関東編~その1

4月に一度京都大阪旅行で来られた深センからのお客様。
大変気に入っていただいたようで、JHK TRAVELをリピートしていただきました!

JHK TRAVEL

今回は飛行機のチケットやホテルの部屋、ハイヤーはご自身で手配され、アテンドのみのオーダーでした。

JHK TRAVELは主に関西が拠点ですが、関東に行く際も是非利用したいとのことで、東京~鎌倉~伊豆~箱根ツアーに同行させていただきました。

というわけで今回もTAOZIがブログ調に、出来事や話したことなどをつらつらと書いていきたいと思います。

1日目。

34af6e5462cec7f5a4ce5745468d9fc4_s
集合は成田空港。
夕方16時に到着されたお客様と合流し、ハイヤーで東京市内に向かいます。

今回はハイヤーをお客様ご自身で手配されたので、中国人ドライバーの方が迎えに来ていました。
あまり日本語は堪能ではなく、運転のみのサービスのようです。

社内の会話。

ac4e633654876880b0f52f39365db2a3_s
東京の街を走っているときに、ビルの明かりを見て、

「日本人は一般的に何時くらいに退勤するのか?」

と聞かれました。

 

時刻はすでに18時を回っていて、街中にはたくさんの人が歩いてはいましたが、ビルの窓からはまだまだたくさんの人が働いているのが見えました。

「出勤時間にもよりますが、一般的には17~19時に退勤します。でも終電まで残る人もいます。
東京には人がたくさんいて、競争が激しいので働き詰めの人も多いです」

「ストレスも多いんでしょう?」

「いえ、多いとかじゃないですね。
ストレスしかない

「ははははは!中国と同じだ!!」

・・・爆笑していただきました。

 

 

他にも、車で走りながら外の景色を見ていると

「(すき家を見て)あれは何の店ですか?」

「(ニトリを見て)あれは何の店ですか?家具屋さん?!そんな風に見えないね!」

「あれ?またすき家」

「あっまたすき家!?なぜこんなにも牛丼屋が多いんですか?日本人はそんなにも牛丼が好きなの?」

「また・・・こんなに牛丼要る?」

とすき家に大注目でした。

 

同じくらいたくさん店舗があるチェーン店は他にもありますが、やはりあの赤と黄色の看板が彼らの目を引くようです。

ニトリ、吉野家など基本的に「イメージカラーが、インパクトのある2色で構成されているもの」に注目することが多かったですね。

 

 

ちなみに牛丼ってどんな味?と聞かれたので、

「醤油と砂糖の甘辛い味付けです」

と言うと、

「甘いのか・・・日本人そういう味好きだよね・・・
うーんあんまり食べたいと思わないかな。」

と申しておりました。甘いのはあんまり好きではない方のようです^^;

 

 

夕食。

012135f744ff92fd926b6aa7ca4e07c64dd22b32a8

日本人のご友人と一緒に夕食を食べるとのことで、ホテルまでご友人の方がお迎えにいらっしゃいました。
ご友人は日本人ですが英語が話せますので、彼らとは英語でコミュニケーションを取ります。

普通であれば私は同席する必要がないように思いますが、前回も今回も必ず彼らは私を夕食に同席するように言います。

「自分たちだけいいものを食べるということは非常にあなたに対して申し訳なく思うし、申し訳ないと思うと食べづらい・・・」

と、このようにとっても優しいお客様なのです。

今回はご友人のお連れの方が日本語しか話せない方だったので、その方とのコミュニケーションをつなぐという役割もあり、友人同士の再会の席に私も同席させていただきました。

 

 

場所は東京新宿の鉄板焼き屋さん。
地下にあるこじんまりとした、静かで隠れ家的なお店です。

013af6e87191683f48d157def1f4735b3876f1f31f
013e549ace2bf4b29f6522f88b1beff60f6747348f

鉄板焼きは中国では非常に人気な日本料理です。

特に中国では柔らかい牛肉はほとんどなく、筋がある硬い牛肉が多いため、調理方法が限られています。
日本のように「焼くだけで美味しい」というわけではないので、シンプルな調理方法でも美味しい日本の牛肉は好まれています。

最近では中国でも鉄板焼きのお店が増えてきていますが、やはり日本とは少し違うそうです。

01617b8fb31c0f422fe4116015493ad768a4eab3d4
017f7eabf8a153cbcd8860941839544020d92e4b57

次回へ続く。

中国人向けツアーのご相談、インバウンドのご相談はお問合せフォームからお気軽にお問合せ下さい。
お問合せフォームはこちら

関連記事

  1. インバウンド関連記事ご紹介:日本、中国人観光客は「爆買い」から「体験」へシフト

  2. 東南アジアビジネスへも進出しました

  3. インバウンド関連記事ご紹介:外国人観光客が日本に来て驚く事 20 選

  4. 中国語動画を制作しました。

  5. 世界遺産“和食”を 世界へ発信しよう ~中国上海での和食教室開催のお知らせ~

  6. インバウンド関連記事ご紹介:神戸市、27年の観光客数過去最高 市内宿泊は伸び悩み

  7. インバウンド関連記事ご紹介:春節の日本、中国人観光客の「爆買い」は相変わらずだった

  8. 微博(weibo)サービスについて更新しました

  9. 都心商業地でのおもてなし環境整備事業を委託されました。

インバウンド人気記事

中国現地の魅力を写真で紹介!

JHKの最新更新情報をお知らせ!

中国語で関西の魅力を動画で紹介

PAGE TOP