「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

第三回インバウンドセミナーを開催しました

picjpgインバウンドセミナーが2016年10月04日、第三回目を迎えることが出来ました。
セミナー詳細はこちら

セミナー内容

今回の内容は、以下のの2本立ての構成となっておりました。
①台湾人の女性目線で見る神戸の魅力
②インバウンドへ取り組む動機 ~ステップボーンカットと神戸の一番を目指して~

①台湾人の女性目線で見る神戸の魅力

台湾人女性の代表として、来日歴1年5か月である羅さんにお話ししていただきました。
2016_10_04-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a_1

自身の初めての海外旅行の行き先が日本だったこと
日本で出会った体験の感想
台湾人が感じている日本の姿
台湾と日本の共通点と違い
台湾人が日本に感じている魅力について
台湾人は神戸のどんな場所に魅力を感じるか
今台湾人に人気のある場所はどこなのか

などなど・・・率直な意見をいただきました。

羅さんの話を聞いていると、台湾の方たちは非常に日本に友好的で、日本と似通った部分も多いですが、やはり感覚は少し違ったところがあるのだなあという感じです。

例えばもし台湾人が神戸で観光するならどこに行きたいかというと

ポートタワーでもなく
ハーバーランドでもなく
北野異人館でもなく
南京町でもなく

今台湾人に一番注目を浴びているのがなんと神戸動物王国。これは意外でした。

もし外国から友達が神戸へ来て、日本人が案内しようとしても、なかなか候補には挙がらないスポットだと思います。

しかし現在台湾の2ちゃんねる的BBSである”PTT(批踢踢)”では、かなり神戸動物王国が注目され、たくさんの口コミが投稿されているそうです。

やはり日本人が推したい日本と、外国人が惹かれる日本には差があります。今回のようにインバウンドの推進には、外国人の感覚や文化を知ることが大切なのですね。

②インバウンドへ取り組む動機~ステップボーンカットと神戸の一番を目指して~

2016_10_04-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a_7

神戸で有名な美容サロン、チックタックのオーナーである牛尾さゆりさんにお越しいただき、自身の活動についてお話ししていただきました。
リンク:美容室TICK-TOCK公式サイト

神戸だけではなく、姫路や大阪に複数の店舗をかまえ、神戸発の技術「ステップボーン・カット」という技術を世界に広めるために精力的に活動されている方です。
このカットは特許を取得していて、ステップボーン・カットを習得できるアカデミーを開き、認定されたスタイリストに専用シザーや美容液などを提供するというシステムを展開しています。

髪を傷めず、重力に合わせて切るというこの新しい技術を、日本国内だけではなくニューヨークや上海、台湾などの海外でもアカデミーを開いて教えてきたそうです。しかし今は海外で教えることはあえて辞めています。

それはなぜなのか?
外国人はどんな感覚を日本に持っているのか?
実際の日本人の日本の技術の評価と海外からの日本の技術の評価の違い
日本人は海外に向けてどんなことを発信していくべきなのか
日本が海外に流行をつくるためにはどうしたらいいのか
神戸に世界中から人を集客するために必要なこと

などなど世界を見て来たからこそ、客観的に日本がどうしていけばいいのか具体的な意見をいただくことが出来ました。

Ichiban KOBE × チックタック

最後に同じく海外に明るい、Ichiban KOBEの編集長である村山さんに登場していただき、ファシリテーター形式で進行していただきました。
2016_10_04-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a_11
感想は、言語が分からないからと、当たり障りなく無言でサービスを提供するより、ハイタッチを交わすくらいの勢いで自信をもって外国人と触れ合えることがやはり大切なのだということです。

例えば座学で接客の英語を勉強しても、間違いが怖くてなかなか実践出来ない方はたくさんいますよね。しかし、外国人はどちらかというと「こっちはプロなのだから安心して任せなさい!」という雰囲気を好むので、多少強引でも大丈夫なのです。

セミナー終了後

picjpg
セミナー終了後は毎回、参加者同士の交流会を設けています。
なぜならばインバウンドは個人的に頑張るものではなく、いろいろな方と協力して頑張るものだと考えているからです。

もし例えば、神戸で外国人を集客できるお店が一店舗しかなければ、そのお店に外国人が来ても、用事が済んだら大阪や京都へ行ってしまうなど神戸に留まってもらうのは難しいでしょう。

なので、より多くの観光客の方が神戸という街を楽しむためにはより多くのお店やスポットを楽しめるよう、街という面でインバウンド対策を進めていかなければなりません。

しかし、インバウンド業界はまだまだ未成熟であるため情報が他の業界に比べて圧倒的に少ないのも事実。
なのでインバウンドに興味がある、またはすでに取り組んでいる方同士の情報交換の場となればという思いがあります。

普段なかなか他業種の方とお話しする機会は少ないですが、こういったセミナーに参加することでその他業種の方との繋がりが生まれます。

弊社は今後も月1回ほどのペースでこのようなインバウンドセミナーを開催していきます。
次回は11月1日を予定しておりますので、もしご興味がございましたらお問合せフォームよりお申込み下さい。
お問合せフォームはこちら

関連記事

  1. 神戸市客船誘致おもてなし事業:セレブリティ・ミレニアム入港!

  2. Wechat公式アカウント記事:日本の美容を体験したことはありますか?

  3. 百度地図への登録サービスを開始致しました。

  4. Wechat公式アカウント記事:ホルモンの種類紹介!

  5. インバウンドセミナーを大阪で6/17に開催致します。

  6. インバウンド・ジャパン2016に参加!

  7. 第四回インバウンドセミナー実施

  8. 中国上海で無料説明会を行ないました。

  9. インバウンド関連記事ご紹介:住んでみると印象変わる? 豪州記者の日本賛美旅行記に居住者から賛否両論

インバウンド人気記事

中国現地の魅力を写真で紹介!

JHKの最新更新情報をお知らせ!

中国語で関西の魅力を動画で紹介

PAGE TOP