「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

インバウンド関連記事ご紹介:インバウンドはここからが勝負 「訪日リピーター」をどうやって育てるか

爆買いの次は体験へ

2016年、ついに訪日外国人観光客数が2000万人を上回り、それとともに日本ファンも増え、訪日リピーターが増えていっています。

当初の予定よりも早い段階で目標人数を達成しているのは非常に好ましいことなのですが、問題は受け入れ側の整備が追い付いていないということです。

特に、Wi-Fiについては設置がその他の国よりも少なく、観光客にとってはないと非常に不便なものです。
また、外国人観光客だけではなく、ノマドワーカーなどPC一つで仕事をしている人なども増えてきていますので、インバウンドはもちろんこれからの日本のことを考えると設置は急いだ方が良いかもしれませんね。

また、買い物の購入額が減り続けており「爆買いは終わった」などとも言われています。
しかし、観光客は買い物をしなくなったわけではなく、お金を使う対象が体験重視のものになってきているのが購入にかける平均額が下がった大きな要因です。

さらに、ビザの取得が以前よりも容易になったおかげで、来日頻度が高くなっているので、一回にかける購入金額が分散されている、というという理由も挙げられます。

おすすめインバウンド記事:
【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

インバウンドに関するお問合せはこちら

お問合せフォーム

関連記事

  1. インバウンド関連記事ご紹介:外国人に聞いた!日本でしか買えないもの 【海外で珍しいお土産】

  2. インバウンド関連記事ご紹介:インバウンドで関西経済「再活性」への道筋

  3. インバウンド関連記事ご紹介:増える外国人旅行者 カギを握るのは…

  4. インバウンド関連記事ご紹介:【中国】614.1億元!オンライン旅行市場取引高(2014年第2Q)

  5. インバウンド関連記事ご紹介:インバウンドによる経済効果はどのくらい?

  6. インバウンド関連記事ご紹介:医薬品やコスプレグッズ…ニッポン土産、ヒットの法則

  7. インバウンド関連記事ご紹介:日本のここがちょっと・・・訪日外国人観光客の二大不満とは?

  8. インバウンド関連記事ご紹介:新たな発見に驚き!外国人観光客が日本で体験したい10のこと

  9. インバウンド関連記事ご紹介:ケーキを買って分かった、日本人が中国人よりも尊敬に値すると言われる理由

インバウンド人気記事

中国現地の魅力を写真で紹介!

JHKの最新更新情報をお知らせ!

中国語で関西の魅力を動画で紹介

PAGE TOP