「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

インバウンド関連記事ご紹介: 【果物お土産ビジネス:2】外国人と農園、両方に効く検疫支援

地方にしか販売できないインバウンドコンテンツ!

生鮮食品である果物はお土産としては不向き・・・と敬遠されてきましたが制度が変わりつつあります。

もし、日本の美味しい果物を持って帰ることが出来るなら、是非自国にいる家族や友人に買って帰りたい!と思う外国人観光客はいると思います。
検疫代行システムがあるのなら、メイドインジャパンのフルーツをお土産にするハードルはだいぶ下がりますね。

特に申請などの複雑な手続きは時間がかかり、時間のない旅行者にとっては嫌なもの。
「時間の短縮」が出来ること。
それが旅行者にとっては非常に大きな意味を持つのです・

最近では中国人富裕者は”8%の免税手続き”をしない人もいます。
理由は、空港の申請手続きで30分以上も待たなければならないから・・・
お金よりも、時間が優先事項なのです。

このように今まで関係ないと思っていた業界も、行政の政策次第で一気にチャンスが得られることもあるのですね。
特に2020年に向けて、インバウンドをどんどん進めていきたい日本政府はこれからもさまざまな施策を打ってくるはずです。

おすすめインバウンド記事:
【果物お土産ビジネス:2】外国人と農園、両方に効く検疫支援

インバウンドに関するお問合せはこちら

お問合せフォーム

関連記事

  1. インバウンド関連記事ご紹介:ケーキを買って分かった、日本人が中国人よりも尊敬に値すると言われる理由

  2. インバウンド関連記事ご紹介:空港免税店や百貨店のインバウンドお菓子ランキング

  3. インバウンド関連記事ご紹介:新たな発見に驚き!外国人観光客が日本で体験したい10のこと

  4. インバウンド関連記事ご紹介:インバウンドで関西経済「再活性」への道筋

  5. インバウンド関連記事ご紹介:【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

  6. インバウンド関連記事ご紹介:観光立国で日本の魅力を高め、訪日外国人3000万人を実現せよ!

  7. インバウンド関連記事ご紹介:「超セレブ中国人」の、ちょっと勘違いしないで欲しいんですけど…不動産編

  8. インバウンド関連記事ご紹介:【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  9. インバウンド関連記事ご紹介:1日で驚異の1207億元の売上!!「双(ダブル)11」

インバウンド人気記事

中国現地の魅力を写真で紹介!

JHKの最新更新情報をお知らせ!

中国語で関西の魅力を動画で紹介

PAGE TOP