「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

インバウンド関連記事ご紹介:インバウンド クルーズ船ツアー、消費の実態。

福岡の港には多くのクルーズ船(主に中国や韓国)が来ています。
クルーズ船インバウンドについて書かれた記事です。
クルーズ船のインバウンドに関する現場の裏事情・・・ランドオペレーター無給という事実が格安ツアーと強制爆買いを起こしているのです。

インバウンドクルーズ船ツアーが企画され、催行されるまでの流れが書かれています。
あの数千人を乗せることが出来る船は貸し出されているのですね!!

そしてびっくりなのがランドオペレーターが無給で働いているという事実。
彼らは無給で案内をし、免税店やドラッグストアの売り上げからバックされたお金がそのツアーでの給料となるわけです。
それだったら確かに、必死に売りますよね~。
そして売り上げを上げるためには、多少の無理もしますよね~。

”ツアーガイドが出来る権利”の売買も行なわれているらしく、赤字スタートの場合もあるそうです。
それだったら確かに、死ぬ気で売りますよね~。
そして売り上げをさらに上げるために、とっても無理をしますよね~。

買わない客には通訳をしなくなったり、
ある一定の売り上げが上がるまで免税店から移動しなかったりと、
かなり無理をする人もいるみたいです。

おすすめインバウンド記事:
インバウンド クルーズ船ツアー、消費の実態。

インバウンドに関するお問合せはこちら

お問合せフォーム

関連記事

  1. インバウンド関連記事ご紹介:【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

  2. インバウンド関連記事ご紹介:【日本の魅力再発見】外国人から見た日本を表現する素晴らしき9つの映像

  3. インバウンド関連記事ご紹介:日本を観光立国にするための3つの課題

  4. インバウンド関連記事ご紹介:ナイスな発想!成田空港に大量ガチャ 両替できなかった小銭が土産に変身 日…

  5. インバウンド関連記事ご紹介:【果物お土産ビジネス:1】爆買いと制度が変える果物ニーズ

  6. インバウンド関連記事ご紹介:ホテルや旅館に求められるインバウンド対策…英語対応だけで大丈夫?

  7. インバウンド関連記事ご紹介:【爆買いの次に来るもの:3】食品の爆買い、ネクスト・ビッグウェーブは?

  8. インバウンド関連記事ご紹介:国産パックご飯10万食、中国人観光客に無料で

  9. インバウンド関連記事ご紹介:【中国】614.1億元!オンライン旅行市場取引高(2014年第2Q)

インバウンド人気記事

中国現地の魅力を写真で紹介!

JHKの最新更新情報をお知らせ!

中国語で関西の魅力を動画で紹介

PAGE TOP