「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

インバウンド関連記事ご紹介:【コト消費化するインバウンド】美容サロン、日本の流行を感動に!

オープン時からインバウンドを意識していた美容サロン

コト消費、体験型へニーズが移行しています。美容サロンなどのサービス業はやはり「言葉の対応向上」が重要になってきますね。近くのホテルなどと連携して集客するアイデア、ものすごく良いと思います。
だったインバウンドは個人プレーではなく、チームプレーだからです!

まずはメニューの外国語表記から。
そして多言語が話せるスタッフを。
美容室は予約システムさえ整えておけば、それに合わせたスタッフ配置が出来ますね。

その為にはやはり訪日前にこのサービスを知っておいてほしいところ。
情報発信を海外に向けてする必要があります。

確かに外国人に情報発信する場合、日本人に比べてその反響が分かりづらいのでなかなか広告を打つ勇気は出にくいです。
しかし海外へ情報発信しなければ、時間の都合がつかなかったり通訳が付ける事が出来なかったりと、100%のサービス提供が難しくなるばかりか、お客さんに利用してもらうチャンスを逃してしまいます。

利用機会の損失を防ぐこと、自身のサービスを知ってもらうこと。
訪日外国人観光客を集客するには情報発信をして、知ってもらうことが最も重要ですね。

そして、この記事のようにホテルなどの外国人観光客が利用するスポットの協力を得ることで、より強く集客出来ますね。
特にホテルからの紹介だと信用できる情報ですし、多言語対応が可能なスタッフがあらかじめ説明してくれている場合も多いため、外国人にとってもとっつきやすくなります。

おすすめインバウンド記事:
【コト消費化するインバウンド】美容サロン、日本の流行を感動に!

インバウンドに関するお問合せはこちら

お問合せフォーム

関連記事

  1. インバウンド関連記事ご紹介:地道な魅力づくりで外国人観光客を呼び込め!

  2. インバウンド関連記事ご紹介:中国人にとって身近な不動産購入

  3. インバウンド関連記事ご紹介:インバウンドで関西経済「再活性」への道筋

  4. インバウンド関連記事ご紹介:中国のモバイル決済が世界を牽引 北極圏でも支付宝

  5. インバウンド関連記事ご紹介:増える外国人旅行者 カギを握るのは…

  6. インバウンド関連記事ご紹介:1日で驚異の1207億元の売上!!「双(ダブル)11」

  7. インバウンド関連記事ご紹介:ホテルや旅館に求められるインバウンド対策…英語対応だけで大丈夫?

  8. インバウンド関連記事ご紹介:日本を観光立国にするための3つの課題

  9. インバウンド関連記事ご紹介:中国の美容マーケット~ネイルサロン~

インバウンド人気記事

中国現地の魅力を写真で紹介!

JHKの最新更新情報をお知らせ!

中国語で関西の魅力を動画で紹介

PAGE TOP