「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

英語と中国語の集客ツール、外国人専門フリーペーパー「Ichiban KOBE」

Ichiban KOBEとは?

ichiban

日本でも珍しい外国人専門のフリーペーパー!

fullsizerender-4
主に神戸を中心として、姫路や阪神間、有馬、淡路エリアにフォーカスした、インバウンド専門フリーペーパーです。
世の中にはフリーペーパーはたくさん存在していますが、「インバウンド専門」というものはなかなかお目にかかることはないと思います。

中国語、英語に対応した地域情報誌で、グルメや宿泊施設、アクティビティ、市内マップや交通マップなど様々な情報を外国人観光客へお届けしています。

遅れているインバウンド対策・・・

cf20585a46752529a6941a4dc9696548_s
日本へ多くの外国人観光客が来るようになり、街中で外国の方を見かける機会が増えました。印象的だった団体のツアー客も以前より減少し、日本をより楽しもうと個人旅行で来る方が増えてきている現状です。

団体旅行であれば、ある程度旅行会社にお任せしていたら良いのですが、個人旅行となると食事やアクティビティ、現地の全てを自身で手配し探さなければならないため、旅行者自身が情報を集め、目的地までたどり着かなければなりません。

しかしまだ、日本国内の外国人観光客への対策はまだまだ十分ではなく、外国人にとって分かりにくいところがたくさんあります。有名な観光地や主要都市であれば、それなりに多言語対応などの対応がすすめられていますが、少しそこから離れてみると多言語対応をしていないところがほとんどです。

個人旅行の場合、日本の有名どころはすでにまわり尽くしたリピーターが比較的多く、よりディープでレアな日本の魅力を求められ、その足は地方に向かいつつあります。そして現地により入り込んだ旅の思い出を作りたい!という旅行者の思いは万国共通です。

より現地の情報を多言語で提供!

fullsizerender-3
そういうニーズに対して、地元の情報を提供しているのがこのIchiban KOBE」というフリーペーパーなのです。ガイドブックでは提供しきれない、地域密着型の情報誌で、個人旅行者に適した内容になっています。

神戸の街について、神戸牛について、日本酒についてなどメジャーな話題から、街中のレストランやおもちゃ屋、美容室、バーなど幅広いジャンルが記載され、お得なクーポンもあり観光客の方々に高い評価を頂いています。

媒体概要
発行部数:10万部
月間配布数:2万部
設置個所:400ヶ所以上
発行日:年2回(6月・12月)
言語:英語、中国語(WEBサイトは英語と中国語の他、日本語と韓国語も対応)

イベントでも直接配布しています!

2016_8_25-%e3%82%af%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%a0_1
神戸ポートターミナルに訪れる外国クルーズ船の入港に合わせて行われる客船誘致事業、神戸タウンクルーズにて公式ガイドブックとして取り扱っています。数千人規模で下りてくる外国人観光客の方々に直接お配りし、道案内などもさせていただいています。

「神戸でどこがおすすめか?」
「神戸の美味しいグルメは何か?」
「神戸で買い物できる場所は?」

神戸に到着したばかりの観光客の皆さんは、より神戸での時間を楽しむために積極的に質問を寄せてきます。
そういった方々へ現地ならではの情報を提供し、神戸観光をより良いものにするためのツールとして活用していただいています。

どこでIchiban KOBEの冊子はもらえる?

fullsizerender
神戸を約400ヶ所以上に設置されているIchiban KOBEですが、姫路・有馬・大阪などにもございます。
関西国際空港や観光案内所、ホテルや駅など、外国人観光客が利用する可能性の高い場所はほとんど網羅しています。
Ichiban KOBE設置個所

Ichiban KOBEで外国人観光客へPRしてみませんか?

2016_8_25-%e3%82%af%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%a0_3
創刊は2016年の6月ではありますが、その認知度は徐々に上がってきています。またスタッフ一同も精力的に外国人観光客との交流をはかり、売上に貢献していることが判明している店舗様もございます。

また、WEBサイトに情報を載せる場合、英語・中国語・韓国語・日本語にも対応しているため、お店の多言語サイトとしてもご利用いただけます。
Ichiban KOBEの冊子上もしくはWEBサイトに広告出稿をお考えの方やご質問がある方、まずはお気軽にお問合せ下さい。
お問合せフォームはこちら

関連サービス記事

PAGE TOP