「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

爆買い!中国人観光客が増えている理由 その2

f60db3b1f045b8788bca70703933b9ae_s
前回に引き続き、訪日中国人観光客が増えている理由を挙げていきたいと思います。
前回の記事はこちら

近年で中国人観光客が急増した理由。

②日本旅行の団体ツアーが安いこと。

よくガイドが旗を持って、数十人の中国人を引率している光景は街中でよく見かけます。
もはやまったく珍しくない光景となってきました。
特にこの団体旅行客が主に爆買いをしているわけですが、それには理由があるのです。

前回の記事で、中国人が日本に来る際のビザ申請の条件が緩和されたことを書きました。
しかし、基本的には超富裕層でない、一般家庭(いわゆる中流家庭)の場合だと、旅行会社を通じての団体ツアーでしかなかなかビザが取れません。
リンク:外務省が定めた中国人の観光ビザについて

そうとうな高所得者でなければ、基本的には団体ツアー参加が基本です。また、添乗員なしでの自由行動は認められていません。

そしてその日本への団体ツアーがめちゃくちゃ安いのです。
例えば、東京~山梨~名古屋~京都~大阪という、いわゆる「ゴールデンルート」を通って7泊8日の旅がなんと8万円!!というプランもあります。

え、それって赤字ではないの?という疑問。

ええ、赤字です。

赤字でもとにかく日本に連れてくるために旅行会社はそのように価格設定しています。
その理由はこちらの記事にて。
ブログ:中国団体ツアーの闇とは

とにかく日本旅行の価格が安い為、かなりハードルが下がったのです。
ビザとパスポートの問題さえクリアできれば、気軽に日本へ行けるようになったことが原因の一つとして挙げることが出来ます。

まだまだ訪日観光客は増えていく見込みです。
2020年、東京オリンピックの頃には今よりももっと増えているはずです。今から訪日観光客を受け入れていくかどうかで、今後の売り上げは大きく変わっていくと思われます。特に中国人観光客数の伸びは目をみはるものがあります。

中国人観光客の受け入れを考えるのならば、こちらをご参照ください。
中国人富裕層個人旅行企画”JHK TRAVEL”

関連記事

  1. インバウンド関連記事ご紹介:神戸市、27年の観光客数過去最高 市内宿泊は伸び悩み

  2. Wechat公式アカウント記事:ホルモンの種類紹介!

  3. 上海にある展示会場のご紹介

  4. Wechat公式アカウント記事:神戸で予約しないと入れない行列店の紹介 

  5. 神戸と関空をつなぐベイ・シャトル、10周年!!

  6. 中国上海フリーペーパー”Whenever”(微帆)について

  7. インバウンド関連記事ご紹介:ビジット・ジャパン事業

  8. インバウンド関連記事ご紹介:団体様には頼れない(インバウンド関西)

  9. インバウンド関連記事ご紹介:世界が驚く日本に来てビックリした!当たり前の日常生活アレコレ

インバウンド人気記事

中国現地の魅力を写真で紹介!

JHKの最新更新情報をお知らせ!

中国語で関西の魅力を動画で紹介

PAGE TOP